エステ・マッサージサロン検索サイト森林浴
HOME
・アロマセラピー
・ストーンセラピー
・リフレクソロジー
・タラソセラピー
・ロミロミ
・タイ古式マッサージ
・バリ式マッサージ
・エステ
・整体
・カイロプラティック
・ネール
・アートメイクサロン

 Q:タイ古式マッサージを教えて!

タイ古式マッサージとは・・・


「ふたりでやるヨーガ」とも言われるこの技法(マッサージ)は、
指圧、整体、気功などの東洋医学的要素に
ヨーガのポーズ、ストレッチが加わったもので、
ゆったりしたテンポから得られる深い呼吸と瞑想から
「怠け者のヨーガ」「世界一気持ちの良いマッサージ」とも評価されています。


タイ古式マッサージの起源は2500年前のインド北部。
仏陀の友人であり主治医でもあったシバゴー・コマルパジ
(地域、発音により色々な呼び方がある)が創始者とされ、
それから2500年の長い歳月を経てヌアボーラン(タイ古式マッサージ)として確立、
今日に至っています。


仏教文化と共に寺院を中心に伝承され発展してきたこの技法は、
仏教国タイの伝統文化として同国に広く日常的に浸透しています。
近年はタイ政府衛生省が医療行為の一環として振興にあたり、
国家的な医療機関で採用され、全世界的に注目されるようになりました。


タイ古式マッサージを手短に説明するとこうなります。
人間のからだには72000本の「セン」と言われるエネルギーライン
(経絡に似た生命エネルギーの通路)が流れています。
そのうちの10本が特に重要なものとされており、
特に脚部に多いこれらの「セン」に働きかけることでエネルギーの流れを良くし、
身体を活性化させます。


からだに溜まった老廃物を排出し(凝りを取る)、血流、リンパの流れが良くなり、
筋肉の柔軟性を増すための老化防止。
深い呼吸でのリラックス効果による自律神経のバランス調整。
骨格、骨盤のゆがみを調整することで神経痛、関節痛、内臓機能低下などの軽減。
慢性病の予防などが期待できます。